早漏に効果的のカーマストラロングラストのメカニズム

カーマストラロングラストは早漏防止用に販売されているコンドームで、麻酔成分となるベンゾカインを含んでいます。ベンゾカインはアミノ安息香酸エチルとも呼ばれ、エステル型の局所麻酔薬のひとつです。ベンゾカインのメカニズムは、知覚を麻痺させることで痛みや痒みを和らげる作用があり、内服薬に使用することで胃の痛み、吐き気、乗り物酔いの予防に使用され、塗り薬では火傷、日焼け、皮膚の痒みなどを抑える軟膏として使用されています。早漏のメカニズムは器質性と心因性で違いはありますが、カーマストラロングラストを使用するということは、男性器の刺激に堪えられずに射精してしまうという器質性のものでしょう。基本的には男性器の亀頭などが何かしらの理由により敏感で、挿入すると刺激が強すぎて興奮が大きくなり、1分も経たずに射精してしまう結果となります。ここでカーマストラロングラストを使用すると麻酔成分のベンゾカインが男性器から吸収され、知覚神経を麻痺させることで刺激への感覚を鈍らせ、射精までの時間を長くするというメカニズムになります。スプレータイプのようにあからさまに使用することもなく、ただいつものようにコンドームを装着するだけで済むので、女性にバレることなく早漏が改善されるというものです。また、ベンゾカインは塗り薬となっており全身に作用することなく、副作用の心配もほとんどないことから、早漏治療の内服薬に抵抗のある人でも安心して使用することができます。成分が塗布されているのは男性器側のみで、女性器側には影響がないので心配は要りません。ただし、装着から成分が吸収されるまでにタイムラグがあり、効果が発揮されるまでに5~10分はかかることもあるので、早めにコンドームを装着するのが良いようです。

ページの先頭へ戻る